目の疲れ 原因

目の疲れを起こす様々な原因

目の疲れが起こるには、何らかの原因があるものです。
その原因を知ることによって、適切な対策や、解消法を行うことができます。

目の疲れとは、目の周りの筋肉が疲れた状態のことであり、様々な要因によって引き起こされているのです。

ここでは、目の疲れの原因についてご紹介しますので、あなたの目の疲れが何によって引き起こされているのかを知るきっかけにしていただければ幸いです。


目の疲れの原因として最も多いのが、パソコンやテレビを長時間同じ体勢で見ることによるものです。

パソコンやテレビの画面を長時間見続けると、眼球を長時間同じ位置で支える必要があり、目の周りの筋肉が疲労します。
また、ピントを合わせる働きをする部分も、無理に合わせようとすることによって、疲れてしまうのです。


メガネやコンタクトレンズを使っている方に多いのが、度数があっていない事が挙げられます。
視力に合わないメガネやコンタクトレンズを使っていると、目を必要以上にせぼめたり、調節しようとするので、目が疲れてしまいます。
また、ストレスによっても目の疲れは起こります。
過度のストレスは、自律神経のバランスを乱し、血流を悪くしたり、涙の分泌量を低下させることによって、目の疲れを引き起こすのです。


その他の目の疲れの原因には、加齢による目の調整力の低下や、「白内障」や「緑内障」などの病気が原因によるもの、過労や寝不足などの生活習慣の乱れなどがあります。

日常の些細な出来事の積み重ねが、目の疲れの原因になっていることが多いのですので、「目が疲れたな」と感じたら、上記に挙げたことを思い出してみて下さい。