目の疲れ 眼精疲労

目の疲れと眼精疲労は同じではありません

目の疲れと眼精疲労の違いについてご紹介します。


目の疲れも眼精疲労も言い方が違うだけで、同じだと思っている方が多いと思いますが、実はこの二つは異なります。

例えば、目の疲れの主な症状は、目の奥の痛みや目のかすみ、違和感などですが、眼精疲労の場合は、これらの症状に加え、頭痛や肩こり、不眠、吐き気などのような症状を引き起こします。
さらに重症になると、眼精疲労からくるストレスによって、自律神経のバランスを乱すこともあります。

このように、目の疲れと眼精疲労には、症状に違いがあります。


もう一つの違いは、回復するかしないかです。

目の疲れの場合は、ゆっくり休んだり、しっかり睡眠をとることなどによって、症状が回復しますが、眼精疲労の場合は、十分な休息や睡眠によっても症状が回復しなかったり、回復したと思っても、すぐに同じ症状が出たりします。

また、眼精疲労の場合は、自然に治るものではなく、症状が治らないのをそのまま放置しておくことによって、他の症状も出てきてしまいます。
つまり、目の疲れは、十分な休息や睡眠で治ることが多いのに対し、眼精疲労は治らないという点で、大きく異なるのです。


目の疲れをそのまま放置しておくことによって、さらい症状が重い眼精疲労に移行し、その他の症状を引き起こしてしまいますので、目の疲れが気になったら、できるだけ早い段階で専門医に診てもらうなどの対応が必要になります。

また、目が疲れたと感じたら、十分に休息を取るように日頃から心がけましょう。