疲れ目に効く食べ物

疲れ目を解消する効果がある食べ物をご存知でしょうか?

私たちが、普段何気なく食べている食べ物の中には、疲れ目に効果があるものがあります。
また、それらの食べ物を積極的に摂ることによって、症状を解消するだけでなく、予防することもできますので、この機会に知っていただきたいと思います。


疲れ目に効果がある栄養素については、別ページでご紹介しましたが、ここでは、それらの栄養素を含む食べ物には、どのようなものがあるかについて、ご紹介したいと思います。

まず、角膜や網膜の働きを助け、新陳代謝を保つ働きがある「ビタミンA」を含む食べ物には、ウナギやレバー、ニンジン、小松菜、牛乳、昆布、ししゃも、ホウレンソウ、にらなどがあります。

レバーや野菜に豊富に含まれており、造血作用があるものが多いので、貧血が気になる方にもオススメです。
次に、目の粘膜組織の生成に不可欠で、視神経の働きを活発にし、目の疲れを回復することがある「ビタミンB」を含む食べ物には、すじこ、豚肉、牡蠣、アサリ、うなぎ、レバー、マグロ、サンマ、イワシ、干しシイタケ、納豆、落花生などです。


目の水晶体を保つ働きがあり、目のリフレッシュ効果が高い「ビタミンC」を含む食べ物には、ブロッコリー、苺、キウィ、ピーマン、パセリ、ホウレンソウ、アセロラ、小松菜などがあります。


「ビタミンA」の働きをサポートする「ビタミンD」を含む食べ物には、サケ、サンマ、干しシイタケ、きくらげなどです。
最近では、ビタミンDを強化した牛乳などもあります。


目の老化を予防し、血行促進効果がある「ビタミンE」を含む食べ物には、アーモンドや落花生、ヘーゼルナッツなどのナッツ類、たらこ、アユ、うなぎ、ハマチ、ゴマ、ひまわり油、カボチャなどです。


ご覧いただくとわかるように、野菜や魚介類には、疲れ目に効果がある栄養素がたっぷり含まれています。
健康維持にも効果があるものばかりですので、体の健康と目の健康を維持するためにも、積極的に食生活に取り入れてみませんか?