疲れ目 マッサージ

マッサージで目の疲れを解消

疲れ目を解消する方法の一つに、マッサージがあります。

目の疲れは、簡単に言うと、目の周りの筋肉が疲労を起こした状態です。
つまり、肩こりなどと同じような状態になっているのです。

肩コリにマッサージが効果的だということは、広く知られていると思いますが、目の疲れにも同様のことが言えます。

では、どのようにマッサージをすれば、目の疲れが解消できるのか、その方法を分かりやすくご紹介しましょう。


目の周りには、血流を促すツボがたくさんあり、そこを刺激して、マッサージすることによって、目の疲れを解消することができます。

ツボは、顔の左右対称にあり、目尻や目頭、瞳の下部分、鼻の付け根、眉と眉の間のツボが、特に目の疲れ解消に効果的です。

その部分を、1ヵ所あたり2〜3秒を目安に押しては離すを、5〜6回押繰り返してください。

目のツボがわからないという方は、指の腹で押してツーンとする痛みがあるところがツボですので、目の周りを少しずつ押して、探してみて下さい。
目の周りには、たくさんのツボがありますので、どうしてもわからないという場合は、目の周りをぐるっと一周するように、少しづつ位置をずらしてマッサージするとよいと思います。


また、こめかみにも、頭痛や目の充血にきくツボがあるので、痛くない程度に3秒ほど押しては離す、を繰り返してみて下さい。


目の疲れには、同時に肩こりや頭痛も起こる場合があります。
自分ではなかなか肩をもんだり、背中をマッサージすることはできませんが、肩の中心部分にある少し盛り上がったところにツボがありますので、そこを押すだけでも解消効果が期待できます。
可能であれば、家族の方に少し揉んでもらうのもいいですね。


目の疲れは、多くの場合、血流が悪いことが原因になっていますので、目の疲れを感じたら目の周りにあるツボをマッサージしてみて下さい。