目の疲れ 目薬

目の疲れに効果的!目薬について

目の疲れに効果があるものと言えば、目薬は外せませんよね。

目の疲れの症状をお持ちの方のほとんどが、目薬を持っているのではないでしょうか。
目薬は、1回差してすぐに目に疲れがなくなるというわけではありませんが、少なくとも爽快感は得られ、すっきりします。
そのすっきり感によって、目の疲れによるストレスが緩和するという方もいるのではないでしょうか。

ここでは、目の疲れ解消グッズの一つ、目薬をご紹介します。


目薬は、市販されているものがたくさんあり、目の疲れに効果があると明記されているものも少なくありません。

なぜ目薬によって、目の疲れが解消できるかというと、目に良いとされるビタミン類が含まれていたり、炎症を鎮める作用があるためです。
特に、長時間パソコンなどの画面を見続けたときに起こる目のショボショボや、コンタクトレンズを長時間装着していたときに起こる目の渇きによる目の疲れを解消する効果に優れています。

使う量としては、1回に1滴ずつで十分目に潤いを与え、炎症を沈めたりすることができます。
多量に使ったからと言って、高い効果が期待できるものではなく、適量を決められた回数差すことが大切なのです。


目の疲れに効果がある目薬は、ビタミンAやビタミンB12が入っているものや、ビタミンB6、天然型ビタミンEが入っているものです。

ビタミンAには、目の潤いを維持し、視覚機能正常化などの作用がありますし、ビタミンB12は、毛様態の働きを良くし、ビタミンB6は、目の組織代謝をアップし、天然型ビタミンEは、抗酸化、抗炎症、血行促進作用があり、いずれも目の疲れを解消する効果が期待できます。

しかし、目薬は、目の疲れを解消することはできますが、目の疲れの原因を取り除くことはできませんので、症状が重い場合は、専門医に相談しましょう。


目の疲れが気になる方は、上記にご紹介したことを踏まえて、目薬を選んでみて下さい。